アンカー新車発表会

一昨日から最悪な状態で病院行き
喉が腫れ上がり、薬で痛みを抑えて大阪行ってきました。
何とか、抗生剤で痛みを抑えて行っていたのだが薬が切れると喉の痛みが頭の後まで突き上げてくる。
そんな思いで大阪に着きアンカー新車発表会会場に行くと
田代さん、宇田川さん、に囲まれ圧倒させられた。これって・・・・・。社員になったはずなのに???
歴代のトップアスリートです。
また渋谷さんが挨拶してくれて「おー」威圧感有る!
そんなミーハー田舎もん店長は恥をかきかき!
きっちり田代さんには来年Suzukaの焼肉来てくださいと誘っておいた(笑)
さて新車発表会だが来年のアンカーは久々の快進撃とも言えるラインナップの勢揃い!
アルミ車に重点を置いて初心者からアンカープロのすごさを体感できるラインナップ
入門モデルに関して近年ブリヂストンは売れる自転車に移行したようで本来のアンカーとしては寂しさを感じていたが。来年はアンカー開発者とスタッフの勧められる自転車が復活したようだ。
今年の目玉はスーパーオーバーサイズのフォーク、ヘッド
CIMG0390.jpg
これはRCS6、RA6、RFA5に採用!
カーボンコラムを採用することによって軽量かつ剛性をたもち、コーナリング時の安定に大きく影響がある。
これがこのアルミ車の大きく変化したところだ。
RCS6
CIMG0388.jpg
デザインも一新され20g(フォークフレームで340g)の軽量化!
やはりバックの突き上げ振動を吸収!長時間のアルミ車のデメリットを軽減してくれる。
ストレートフォーク採用にはレース重視の姿勢が見える
レース指向派には優れもの逸品!
RA6
CIMG0392.jpg
RA5はどちらかというとサイクリング?レース派?なんて聞いてもどちらでもいける方だった。速く、そしてレーシーなロードレーサーを楽しみたい人に是非!勧めたい物!勿論完成車のラインナップはTIAGRA仕様からでレース指向者には、ぶれないAnchor!ストレートホークはその象徴でもある。
フレームとしては110gフレームフォークで430gの軽量化はぼボトル1本分!
レーシングマシーンとしてはRHM9、RCS6、RA6とラインナップになっている。
しかし高垣自転車店の持論(自論)はロングツーリングにおいて速い自転車=楽な自転車と思っている。1Dayの淡路ツーリング、琵琶湖ツーリングにおいても前に進まない自転車なんて快適なツーリングとは言えないので私はツーリングにも勧めます。
RAF5
CIMG0397.jpg
ほとんどの人は私がレーシーな自転車に舞い上がっていると思っているかもわかりませんが
私の一番の感動はこの自転車だと思っています。
この自転車にもスーパーオーバーサイズを使用している。
そしてコンセプトは好評のRFX8フルカーボンにどれだけアルミが近づけるかと言うこと!
フレームは今までのRA5に比べパイプも細くなり自転車のシナリ(ウイップ、ペダル時の左右のたわみ)も求められそして振動のショック吸収性も群を抜いているという。
それでは前に進まない自転車?と思われがちだが一部低床フレームを除き設計コンセプトは残し、ハイドロフォーム加工でダウンチューブの形状を変化させてアルミの剛性を残しつつ、振動吸収性に優れているという。他社のようにコンフォートロードにしないのがアンカープロの称号に値する。
RA6は感心したがRAFは感動した。勿論アンカープロなのでSuzukaのようにクラブでホビーレース参加と言うときにこの自転車で出ても絶対!!!!!!ひけを取らない自転車といえる。疲れない(個人的な主観です)ロードと言ってもおかしくないと思います。また完成車でSORAバージョンも用意されていますので初めてのロード買う人や女性にも優れものです。

今回RCS、RAとも5000円アップしていますが、カーボンコラムのフォークでは従来10000円アップ、それにスーパーオーバーサイズ変更伴っているのに関して実質上の値下げの様な気もいたします。

久々に身震いがおき、アンカーを勧めるのにより心強くなりました。

[アンカー新車発表会]の続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

J店長

Author:J店長
高垣自転車店 店長
通称J店長(J.Boy“自転車少年”店長)
 自転車のロングライドは鍛錬ではありません。達成感を得る走り方もありますが正しい乗り方を身につけて楽しいサイクルライフを満喫しましょう。自分の脚でどこまで遠くに行けるだろうか!まずは自転車に乗る習慣を身につけましょう。

最近の記事

FC2カウンター